海野清掃のホームページはこちら

有限会社海野清掃産業

〒850-0813

長崎県長崎市八つ尾町28-12

《事務所/中間処理施設》

〒851-0241

長崎県長崎市茂木町1258-1

TEL.095-827-5383

FAX.095-836-2886

---------------------------

1.一般廃棄物収集運搬

2.産業廃棄物収集運搬

3.特別管理産業廃棄物収集運搬

4.産業廃棄物中間処理

(廃プラスチック類/金属くず/木屑/ガレキ類/ガラスくず及び陶磁器くず/紙くず/繊維くず)

5.第一種フロン類回収業

6.とび・土木工事業

---------------------------

2017年05月15日月曜日
献血へのご協力ありがとうございました。
テーマ:事務所より
今回もたくさん方が献血に来てくださいました。
ありがとうございました。
 
来年も実施すると思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。
 
献血ルーム・はまのまち」では、いつでも献血できます。
時間のある方は、よろしくお願いいたします。
 
LOVE in Action!
献血は、愛のアクション!です!
投稿時刻:15:05
2017年05月04日木曜日
茂木四国八十八ヶ所 第67番霊場
テーマ:ぼちぼち茂木まち
茂木四国八十八ヶ所 第67番霊場  
【67番霊場】太田尾町
大興寺(だいこうじ)薬師如来
茂木四国八十八ヶ所霊場 
海の側から少し山間に進むと67番霊場。さらに進むと26番札所(4/26投稿済)。いい季節とあってしばし腰を下ろし祠の板の間で談笑。「ごくろさまです」地元の方のお声に思わず背筋が伸びました。
投稿時刻:10:30
2017年04月26日水曜日
茂木四国八十八ヶ所 第26番霊場
テーマ:事務所より
茂木四国八十八ヶ所 第26番霊場  
【26番霊場】太田尾町
 
金剛頂寺(こんごうちょうじ)薬師如来
茂木四国八十八ヶ所霊場 
海の側の公園のところか山の方に入って行くとまず67番札所。そこからひと登りで26番札所。新緑の山林には春がいっぱい。名も知らない草花や野鳥のさえずり。旬の筍も見つけました。2回目。時期で変わる風景。迷い半ばあきらめたその時に親切な地域の方達に会え無事に行くことができました。また、札所巡りならではの温かい触れ合いができました。
投稿時刻:23:46
2017年04月13日木曜日
春の茂木四国八十八ヶ所 
テーマ:ぼちぼち茂木まち
札所に行くと周辺の木々や草花、風の音・・・日頃はさほど気にしないことにやさしいやすらぎを感じます。
 
「第12番霊場」飯香浦町
雨の日…雨に濡れながら札所に寄添う桜に気づきました。景色も表情もいつもと違って見えました。不思議です。
 

 
「第22番霊場」田上町 花々がいっぱい。
投稿時刻:14:30
2017年04月05日水曜日
茂木四国八十八ヶ所 第55番霊場
テーマ:ぼちぼち茂木まち
【第55番霊場】千々町
南光坊(なんこうぼう)大通智勝如来
茂木四国八十八ヶ所霊場 
 
桜の季節におすすめ…55番札所には草積御前さまの塔もあります。(草積御前さまについては「茂木の散歩道-長崎市」からの説明が最後のページにあります。)南中学校下バス停のところには南小中学校、草積御前の案内板がありすぐ分かりました。桜のあるゆるやかな坂道を上っていくと学校の手前に札所。祠の右端の台に「草積御前」と刻まれています。草積御膳さまの本墓塔は千々あるというのでこれだろうと思いました。札所と一緒にお参りできます。

 
茂木の散歩道- 長崎市 -40-
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/827000/p023389_d/fil/03moginosannpomiti.pdfより
29 草積御前
長崎名勝図絵に、「茂木村草積野にある。夫人は肥前国为龍造寺隆信の女むすめで島原の漁夫の娘に生ませたも
のであるが、隆信は自分の子であることを知らなかった。母が死んでからは、寄る辺ない身となり、流落してここまで来た。そして失明していたので、道に迷っているところへ、犬が吠えかかり噛みつこうとした。杖で追い払おうとしたが駄目で、石を手探りでつかみ、これを投げ、遂に悶絶して倒れた。里人が憐れに思い、介抱したが叶わず、遂に死んだ。それで葬ってやったが、その後不思議なことが起こるので、改めて祠を立て、草積明神として祀った。願いをかけると、必ず叶えられた。賽銭の代わりに小石を上げるので、祠の傍には小石が堆積している。延宝3(1675)年唐通事劉宣義が、財を募って修復した。夫人は最初千々村に流れついた。そこには漁師の家が3 軒あって、そこで介抱され、死ぬまぎわに、私が死んだら、海の見える高い山に葬って、五輪の塔を
立てて下さいと言ったので、千々と大崎の間の松の大木のある所に埋葬した…」とある。
投稿時刻:13:23